【仁王】α体験版やった感想

titlelogo

4月26日~5月5日までの仁王 α体験版をプレイしてみました。体験版の最初のステージをクリアすると、製品版で“特別な装備品”を獲得することができる 「制覇の証」なんとかとりました。また、2面のボス(鵺:ぬえ)を倒した報酬「雷切」もゲットしました。

仁王 α体験版_20160505214442

ゲームシステムはダークソウルに近い

死ぬとアムリタ(レベルアップに必要な経験値のようなもの)を落とす、レベルアップはステ振り自由、社(ダークソウルでいう篝火のような拠点)で回復、回復すると雑魚敵が復活するなど、基本的なシステムはダークソウルと似ていると考えてもらって大丈夫だと思います。ただ、「気力(スタミナ)管理」については、このゲーム独特のルールがあり、気力(スタミナ)が切れると硬直してしまいます。よって、気力管理は非常に重要な要素となっており、また「残心」というテクニックも重要なのですが、いかんせんチュートリアルが不親切です。ある程度進んでから気づく要素があったり、説明が足りなかったりともう少しユーザーに1つずつゲームシステムを教えていくような構成やステージにできたらよかっただろうと思います。ですが、雑魚敵でも油断してると簡単に死ねるようになっているので、その緊張感はなかなか癖になるところかなと思います。

マップが狭い

敵と戦うときはなるべく広い場所で戦うのが避ける場所があるので良いのですが、マップが狭いです。うまく避けられる広さがないとカメラも寄ってしまうので、かなり見づらくなってしまいます。この状態でやられるとやる気が削がれてしまうのでもう少しマップを広くしてもいいのかなと思いました。ガードも出来るのですがロックオンしても敵に背中を見せる仕様となっているので狭い場所だと本当にやりづらいです。

 

ダークソウルとは似て非なるゲームで新鮮です。ぜひPS4を持っていればこの機会にやってみることをおすすめします。